更年期障害とは何なのか?

更年期障害…女性なら誰しも通る道ですね。最近では女性のみならず、男性の更年期障害も取り沙汰されるようになりましたし、若い年齢での更年期障害、いわゆる若年性更年期障害も増えているようです。一体、更年期障害って何なんでしょう?


更年期障害とは、女性の閉経に伴い急激に女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで引き起こされる様々な症状のことです。更年期障害と一言に言っても、その症状にはかなり個人差があり、ほとんど気にかかることなく更年期が終わる人もいれば、日常生活すら困難になるほど、更年期障害の症状に悩まされる人もいます。


更年期障害の症状として代表的なのが、自律神経失調症状。イライラやめまい、のぼせ、ほてり、頭痛、動悸、不眠などですね。他にも、肩こりがひどくなったりしびれが出たりと、更年期障害の症状は多岐に渡ります。更年期障害の症状の種類も、かなり個人差があると言えます。


エストロゲンの変化も人それぞれですし、生活環境なども更年期障害の症状に影響すると言われています。どういう症状が出たら更年期障害なのかという定義をするのは、ちょっと難しいのかもしれません。


ただ、気をつけるべきは、いろいろ起こる症状をすべて更年期障害の症状だと思い込んでしまわないこと。別の病気のサインである可能性もありますから。あまりにも更年期障害の症状がひどいときには、一度お医者さんに相談してみたほうがいいでしょうね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。